SMTPの仕組み

基本的な構造として

SMTPというシステムが運転していることによって、パソコンを用いてのメールサービスは送受信を滞りなく行うことが出来ている。ではそのSMTPの仕組みについてどのようになっているのかをここから少し話をしていこう。SMTPの仕組みとは何か、言葉として称すると『テキストベースの単純なプロトコルで、TCPの25番ポートを利用して通信を行っている』、という風になる。これだけでもはや何を話しているのか分からない、という人が大半だろう。そもそも25番ポートって、何がどのようになっているのかも分からない、と言う声が上がってもおかしくない単語がここでは沢山出てくるので、そういったことも含めて仕組みについての話をしていこう。

25番ポートとは

仕組みについて話す前に、SMTPの稼動に必要な『25番ポート』とは何かについて簡単に説明しよう。この25番ポートとは、インターネット上におけるメール送信のプロトコルに国際標準で割り当てられた識別番号のことで、データ通信においてメール送信を行っているのか、それともホームページ閲覧を利用しているのかを判別しなければならない。その識別手段としてこの25番ポートが用いられており、メール送信を循環するために必要な機能となっている。

迷惑メール防止策にも利用されている

このポートが存在していることにより、メール送信を行うことが出来ているわけなのだが、そこでもまた問題となることがある。SMTPを用いてメールを送信する側はまず最初にしなければならない事は、自分が誰であるのかを名乗ってからメールデータを送りつけることになる。この時に名乗る行為が誰であるのか、特定する必要はないという部分が浮上してしまい、誰ともつかない人物を名乗ることによってメールを勝手に送信する事を可能にしてしまう問題が出てくる。いわゆる迷惑メールを促進させてしまうのだが、こうした迷惑メール防止についても国際標準で対策が施されている。それが先ほど紹介した25番ポートに関係してくる、『25番ポートブロック(0P25B)』となる。

なぜこのような機能を作り上げたのかというと、特定のプロパイダで管理しているサーバーを介さずにウィルスメールや迷惑メール、フィッシングメールといった問題が深刻さを増してしまっている。フリーメールでは頻繁に送られていることを所有している人は分かると思う、これが私情で利用しているメールアドレスに送られてくるとなったらとんでもないことになる。そうなると色々と面倒なことになってしまうため、安全にネットワークを利用するためにプロパイダ同士が協力したことにより特定のメールサーバーを介さないで送信されたメールをブロックする事が出来るようになった。これにより安全としての面で格段に向上し、より多くの人が普段気にする事無くメールを始めとしたネットワークサービスを活用出来ている。

25番ポートブロックを利用することによるメリットとして

これらのブロックポートを利用することによって伴うメリットは、迷惑メールやウィルス被害の拡散防止が一番のメリットとなっている。このウィルスや迷惑メールなどの送信に関しては一番怖いのは、意図的に送信しているわけではない例だ。知らぬまま自分からウィルスを発生させているのは一番困った例だが、最も悪意をもってしてメールを送信しているのであれば問題外だ。こうした問題を未然に防ぐのに有効なのだが、完全に防止することだけはどうしても不可能となっている。大多数を減らすことは出来ても、その根源たる部分にまでこの防止策は機能できないのが歯痒いところでもある。

ただ現在までのことを含めて言うなら、この25番ポートブロックがあるからこそ迷惑メールといった困ったメールの数を減らせることが出来ているのも事実だ。SMTPとして用いられている25番ポートブロックとは、何気に誰でも密接な部分で助かっている機能を支えてくれている。

使用する際の注意点として

便利、というよりどうしても使うことになるSMTPだが、そんなシステムにも欠点が存在している。それは『セキュリティを強化していなければ、なりすまし問題を促進させてしまう』、という点だ。これはSMTPという通信を行うために必要な道筋を立てたとき、その経路に何かしらの暗号化を始めとしたセキュリティを掛けていなければ、中身を始めとした個人情報が第三者に丸見えとなってしまうのだ。それで誰が困るか、もちろんメールを送った双方に被害を及ぼす。特にメールの中身に重要な情報が記載されているといった機密性を保たなければならないものであれば、SSLを始めとした暗号化処理は絶対だ。

このSMTPにおいて問題として浮上するセキュリティ面での対策は世界で行われており、またお粗末なセキュリティシステムともなれば情報漏えいなどといった問題ではすまない甚大な被害を及ぼすことになる。そんなことになれば企業としてみるなら信用を失うことになる、それが何を意味しているのかを追求する必要もないだろう。このSMTPの暗号化などを施すことで秘密保持の均衡を保つことが出来るのだが、それは通信路としての道だけでなく中身もロックしなければならないといった人もいるだろう。中身に対して防衛策を施していないとメールサーバー管理者に見られてしまうため、絶対にメールの中身も見られたくないというなら、データそのものに暗号化を施すことも出来る。中身と通信経路、両方に厳重なセキュリティを敷くことによって安全なネットワーク通信を行うことを可能としている。身近な存在ながらシステムについて調べて見ると、開発した側の葛藤などが伺えるところだ。

メールあるある

メールサーバーの仕組みを考える