POP3とは

SMTPとは違う、もう1つのメール送受信を支える機能

メールソフトの送受信はその他、また独自のサーバーを所有している携帯会社とは異なっている事は理解してもらえたと思う。パソコンを用いてのメールソフトによるメール送信についてはちょっと面倒なのだが、先に紹介したSMTPといったシステムが樹立されているからこそ滞りなく送受信が問題なく遂行されている。そんなSMTPの他にもこのメールの送受信において役割を持っているシステムは存在している、それは『POP3』というものだ。このシステムはもちろんSMTPとは異なっているわけだが、どのように異なっているのかというと『電子メールをメールサーバーから手元の機器にダウンロードする』といった、また一癖あるものとなっている。

これだけで理解できるの有ればもはやこの後に何かしらの補足説明をする必要はないわけだが、初心者や機械に弱い人でもなるべく分かりやすいように話をしたいのでこちらについても底を出すように話をしていこう。

システムの概要

POP3とは、通常ISPを利用してのADSL、またはFTTHといったインターネット接続を行っていると気には、メールソフトでメールサーバーの設定を行っているだろう。その設定には実は二種類存在している。設定する際にどちらにするか選択することになる。その種類とは単純に『送信用にするか』、または『受信用にするか』を決める設定だ。これは大半の人が当てはまることである、専門的に自前でメールサーバーを所有しており、そこからリモートログインしてメールサーバー内でメールを閲覧しているといった、上級者も存在しているが一般的な例ではない。そもそもサーバーそのものを所持しているといったことはないだろう。多くの人がISPが用意しているメールサーバーからメールを受信する設定でメールの閲覧を可能としているはずだ。

ISP、いわゆるインターネットサービスプロパイダを通してのメールサーバーからメールを受信することでメールを見ることになるわけだが、どうしてこうした設定をしなければならないのかはメールの届き方に関係している。電子データの場合、送信する側と受信する側の双方の機器が起動していなければお互いに送受信を行うことは出来ない。葉書や小包といったものの場合は郵便受けにいれておくだけでいいが、電子データにおいてはその例に当てはめることは出来ない。ただメールサーバーそのものは常時起動していなければ届かないというわけでもないのだが、一般的な視点としてはお互いに起動していないデータのやり取りがスムーズに行かないのは事実。またメールが特定のメールサーバーに存在しているユーザーに向けて送られるため、もしもこの時サーバーそのものが場所を移転するようなことになってしまうと、自動的にそのメールは届かなくなってしまう。こうした理由によってメールの受信を行うためには起動し続けているメールサーバーが必要になってくるわけだ。

基本的にメールを利用している人はメールを『読みたい』だけであり、『運用』したいと考えているわけではない。後者を選ぶとしたらそれこそ仕事として行なった方が利益も付いてくる。中には趣味として行っている人もいるかもしれないが、あくまで特殊なケースだろう。サーバーを用意するだけでもメンテナンスといった面で手間をとられる反面、サーバーをもつことの辛さが現実に影響をきたすため、ある意味覚悟を決めることが出来るならサーバー運用をするのも手段の内だ。ただそんな例はほとんど存在せず、多くの人がISPから提供されているメールサービスを利用しており、そこから配布されているアカウント登録をすることで、メール受信を行っている。このISPが運用しているメールサーバー内にて保管されてる自身宛のメールを手許に持ってくるようにする、それが『POP3』というプロトコルの概要だ。

仕組みとして

ではこのPOP3の仕組みはどのようになっているのかというと、それほど難しいことではない。単純にメールサーバーに対して伝送手段であるTCPによって道筋を確立し、メールの個数などを確認して必要なものだけをダウンロードする、というのが大まかなシステムとしての機能だ。

こうした機能が普段から行っている作業を促すには、まずはユーザー認証を行うためにIDとパスワードの入力を行う必要がある。この認証が無事に成立することによってメールサーバーへと接続され、メールの中身が見られるようになるモードへと自動的に切り替わる。フリーメールアドレスなどで見られるユーザー認証を例にしてもらえればある程度想像もつくだろう、この時全く異なるIDなどを入力しログインできてしまえば、見ず知らずの人間に個人情報が露呈してしまう。だからこそ頻繁にアドレスの変更をプロパイダ各社は促しているわけだが、頻度を決めて行っている人もそんなにいないだろう。

切り替わったモードではメールの数はもちろん、メールのサイズを確認できたり、またメールのリストを取得することが出来るモード、さらにメール本文を取得できるコマンドといったものを利用することが出来るのも特徴だ。

使用する際の注意点として

POP3を行うこともメールサーバーを介して大事なシステムとなっているわけだが、もちろん注意しなければならない点は存在している。確立された道筋を利用することでメールサービスを行うわけだが、この通信経路として形成された道を監視している存在もやはりいる。そのためこの経路内を暗号化する作業が行われていなければ、中身がそのまま第三者に見られている危険性が出てくる。またやり取りによってはデータそのものが破損、もしくは消失してしまう可能性も生じてしまう。POP3の弱点かつ欠点として挙げられるのは、そうした機密やプライバシーに関連した情報が暗号化されないで垂れ流し状態になっているという点で問題となる。

覗き見る人などいないだろうと考えるのも早計で、また通信路に誰かがその情報を見ていることはないと考えている人もいるかもしれない。実際に無線LANを利用していると、その無線が届く範囲で自身の情報が他人に丸見えになっている可能性も十分にありえるわけだ。セキュリティ性能が低いPOP3ともなると、もはやプライバシーや秘密といった言葉とは無縁になってしまうだろう。さすがにそれだけは避けなくてならないが、最近では機能の向上によって第三者に個人情報が露呈しないようにする暗号化が施されている場合もある。

なりすまし問題といったこともセキュリティ面から情報が流れてしまっているため、時には深刻な被害を被ることになる。だからこそ出来るだけ暗号化を行うSSLなどの設定を施さなければならない。メールサーバーが対応しているならセキュリティ面で安全かどうかを気にするのも大事になってくる。

メールあるある

メールサーバーの仕組みを考える