使用するインターフェース

メールを送る方法は色々ある

携帯メールについてはシステム的に共通認識とは行かない、企業ごとのかなり特殊なメールサーバー機能を有しているため一般的に説明するのは少々困難だ。もちろん単純に詳細な情報が公開されていないということもそうだ、だが携帯電話のメールはパソコンのメールサーバーとは違ってそれほど難しい仕組みではないだろう。特に同じ電話会社の端末間による送受信を行うとするなら、メールサーバーを内からいとも簡単に該当の宛先を見つけ出すのは、それほど時間が掛かるモノではない。企業間を跨いでの、また携帯メールからパソコンへとメール送信をする、という話になれば更に面倒なことになるため、あまり突っ込まないでおこう。

こうした経緯を含めて考えても、現代人である我々にとってもはやメールは連絡ツールとして利用するのは通常であり、昔懐かしい手紙を書して送付するといったことも少なくなっている。いまだ公共機関を始めとしたところでは書面での連絡でなければならない規則もある。完全に途絶えたわけではないが、それでもここ最近手紙でのやり取りを行なったかどうかと聞かれたら、思い出せる人は意外と少ないかも知れない。便利すぎるが故の進化という見方もあるが、また同様に文明が発展してメールを送信するためのインターフェースとなるソフトも豊富になっている。どれを利用しているのかもまた人によりけりだ。さて、ここでも改めてといった感じでパソコンメールに焦点を絞って、メール送信に利用されるソフト、または機能について話をしていこう。

使用するソフトによって、情報を確認することが出来る

メールサーバーを通して送信されたメールは順を追う毎により、ようやく相手へと受信してもらえる段階まで踏み込むことが出来る。人間が体感する事のない情報処理によってこなさなければならない作業を短時間で終了させる事が出来る、それもこれもメールによって入力された情報に沿ってこそ為し得る。さて、そのメールを送信するため、またサーバーにとって必要な情報が記載されている内容が時と場合によって重要な意味を持つこともある。もちろん純粋にメアドが入力されていなければ送信は当たり前だが、この時のメールのヘッダー部分には調べてみると面白い事が分かったりも出来る。ではそんなメールヘッダー情報について考察をしてみよう。

ヘッダーにある、よく分からない情報

メールヘッダーとは送受信に必要な情報以外に、通信時における相手の情報を知ることが出来る部分の事を指している、情報領域のことだ。そこを辿ることによって詳しい人ならば調べることもたやすいのだが、そんなところまで詳しく見ている人はそうそういないと思う。知っていても既知だった場合にはそもそも見る必要もないと、そんな風に思えるだろう。ヘッダーに記載されている情報には主にどんなことが書かれているのか、紹介していこう。

Return-Path
これはメールを送信したものの、メールアドレスが現在使用されていないなどと送信先が存在しない場合において、メールを受信したサーバが自動的に送信者にメールが届かなかったことを通知するための宛先となっている。
X-Original-To
送信者が本来送信したはずの宛先。
Delivered-To
送信者が本来送信した宛先から別のアドレスに転送された宛先。受信したメールサーバーで別のアドレスに転送されている場合などに表示される。
Recieved
経由したサーバのIPアドレスやドメイン名、送信元のIPアドレスやドメイン名などが記載される。またここでは経由したサーバの数だけReceivedが記録されるようになっている。
Message-ID
メールサーバで付加されるメールの識別番号。
MIME-Version
メールのMIMEバージョンとなっている。これはテキストデータといったものを送信する際にある一定の量までしか送信できないように定められているものを指している。
Contact-Type
メールの中でも、主にテキストやHTMLなどのファイル形式の事を指している。

メールヘッダーの閲覧について

上記のようなヘッダー情報については見ようと思えば見れるものとなっているが、必ずしも全て確認できるわけではない。メールを書くときのソフトによってその情報を確認できるかどうかがわかるようになっているため、知っている人は知っているところだろう。ソフトによってヘッダー情報を何処まで閲覧できるかは良いとして、まずは情報を見るときにはどうしたらいいのかについてだが、これは単純にメールソフトにプロパティやテキストエディタによってメールを確認することが出来る。

メールヘッダーを閲覧するとして、やはり見るとなれば何かが知りたいからこそ見ているのが大半だろう。ではこのヘッダー部分から具体的に何を知ることが出来るのかというと、おおよそのこととしては次のようなものを知ることが出来る。

  • 送信元や送信先のメールアドレス
  • メールが送信された時刻
  • メールが配送されたルート
  • メールの返信先やメールの配信エラーの際に差し戻し先
  • 電子メールの識別番号
  • 送信元が使用しているメールソフト
  • 送信ドメイン認証結果

こうした情報を、何のことはない人からすればさして見ても役に立つ情報としてはアドレスを確認するのと、そのメールが送信された時間帯がどのくらいなのかといったそういうところだろう。こういう情報も調べてみると意外と面白く、そして自分のメールがどのようにして配送されたのかを知ることも出来る。

メールあるある

メールサーバーの仕組みを考える