メールアドレスって

改めて勉強する

メールサーバーと、そしてメールの送受信に関すること、そしてそうしたメールがどこから送られてきたのかというものをなるべく簡単に紹介してきた。では次の話としてこちらももはやおなじみといえる『メールアドレス』について考察してみよう。言われなくてもどんなものか分かっている人もいるだろう、それは重々承知だ。ただ中にはあたかも当然のように使用しているメールアドレスについて、本当はそこまで詳しく知らなかったと、そんな心うちを隠している人もいるかもしれない。浸透しすぎてしまっているため、こんな簡単な事を知らないなんて恥ずかしすぎる、という風な人もいると思う。画して人は虚栄を張りたがるもの、自分が知らないものを当然のように語り、他人が知っていると答えても知るわけがないと勝手に決め付ける人もいる、何とも感慨深いところだ。

ただ当たり前に知っているからこそ本当の意味で、きちんと一から説明できる人もここではどれだけいるのか少し気になるところでもある。ただそこまでおくばった追求をしていたら何も始まらないので、ここからはメールアドレスとはなにか、そこのところを考察してみようと思う。

メールアドレスの意味とは

メールアドレスとは何か、そこを考えてみるとやはり意外と底は深めに設定されていたりする。まずはそういったところから紐解いてみると、メールアドレスとは主に2つのものに分解することが出来る。それは『@』を分け目として、それより前のことを『ローカルパート』、それより後のことを『ドメイン』となっている。どのように違うのかというと、

  • ローカルパートとは=ユーザが自分で任意に設定することが出来るモノで、設定時において同一のアドレスがなければ使用することが出来る
  • ドメインとは=企業やプロパイダなどのISPといった組織毎に決まっているので、こちらに関しては変更といった事は聞かないため、一律となっている

といったようになっている。ローカルパートに関してはこちらは共通のドメイン内では同一の者を複数人で試用する事はできないようになっているのはもちろん分かっている。ただドメインが異なり、そして利用している人がいなければ使用することが出来る。

メールアドレスの鉄則

改めて分析を兼ねてメールアドレスについて考えてみると面白いと感じるのは少々辺だろうか、またメールアドレスを毎回決めるのに苦労すると考えている人もいる。それもこれも、メールアドレスを決める際には必ずといっていいほど制約が課せられていることだ。この制約を越えてのメールアドレスの決定は不可能であり、そのルールを逸脱することは許されていない。それぞれメールアドレスを設定する際に会社毎にこれだけは守らなければならない、といったものもあるが基本的にはルールに準じて設定することになる。

またパソコンのアドレスと携帯メールのアドレスでは、設定できる長さも決まっているため必ず守らなければならない。目安としては64文字以内、ドメインを含めて256文字以下となっている。この文字数を生かしてよりユニークなアドレスを作り出せるかが、苦労を強いられるところでもある。こうした制約以外にもやってはいけない事はある、それは文字についてだ、メールアドレスに使用できる文字はアルファベットを始め、数字や一部の半角記号となっている。

とはいえ、全ての文字が自由自在に利用できるといったモノでもない。各会社ごと、特に携帯のメールアドレスほど複雑に様々な制約がしかれているのはご存知だろう。ではここで少し各携帯会社におけるメールアドレス設定における制約とは具体的にどのような物があるのか、見てみよう。

各携帯キャリア、メールアドレスの設定制限

NTTドコモ au ソフトバンク
1文字目は必ず英字から始まるようにする   1文字目は英字から始める
メールアドレスは3文字以上、30文字以内で設定   文字数3文字以上、30文字以内で設定
ピリオドの連続使用は不可能 30文字以内 ピリオドの連続使用は不可
@直前のピリオドは不可 英数字及び記号のみでの設定は不可 @直前のピリオドは不可
スペースは不可   スペースは不可
英数字、また記号のみで設定は不可   英数字、および記号のみで設定は不可

各携帯キャリアのメールアドレスの設定における制約は上記の通りとなっている。今更ながら語ることは少ないかもしれないが、それでもこう凝り固まっているとどうしてもこの表記を利用したいと感がていたにも関わらず、利用できなかったという経験をしている人も多いだろう。日本の、例えば現在でもトップのシェアを保持している、大半の人が所有している携帯がドコモかau、そんな折には契約数は日本の1/3に匹敵する契約し、その中から誰とも被さらないようにメールアドルレスを考えるとなればある意味で独創的な言葉を使うしかない。粛々そうした内容を考えるとなったら別の意味で、個性的なアドレスを登録している人もいるだろう。只中にはあまりに周りが見えなくなってしまって少々痛い、または違和感の残るメールアドレスにしてしまったことを思い出したくないと考えている人もいるはずだ。

ネットなどでメールアドレスで検索してみると、かつてこんなのにしていた、もしくは今現在こんなのにしているといったカミングアウト的なことを暴露した人もいる。面白い話になるのだと思っているからこそしているのかもしれないが、よくそこまで過去にしていたメールアドレスを覚えているなぁと思うところだ。メールを使用することになったら必ず自分なりに設定することになるアドレスだが、何かしら痛い思い出を抱えている人は多そうだ。

誰しも見た事があるアドレスといえば

メールアドレスといっても、中にはイレギュラーとして使用することが出来ない文字を使用しているメールアドレスも存在している。その代表的なアドレスといえば、何といっても宛先が見つからなかった時に返送されるメールが例として存在している。代表的な例として『MAILER-DAEMON』となっているものだ、こちらは送ろうと思っていたらユーザーが見つからなかったサインとなっているわけだが、っこのことを知らないと意外とこのメールはなんだろうと戸惑う人も多いかもしれない。

このアドレスは送信されてきたメールの受信先となるアドレスを検索して引っかからなかった際、サーバーがエラーメールを作成して送信してくるものとなっている。アドレスが分からない、または消失しているなどの問題に立ち尽くしてしまったときに、何かと見かけるアドレスでもある。

メールあるある

毎日続く身体の痛み、整形外科へ行っても治らなかったからと悲観しているなら、福岡市 整体のまいづる鍼灸整骨院へお越しください。 熟練の整体師が、体の不調を診察・解消へと導いてくれます。

メールサーバーの仕組みを考える